0

KOCの大事件!?「にゃんこスター」に視聴者も騒然!

2017年10月5日 07時35分 (2017年10月7日 12時18分 更新)
 10月1日、芸人たちがコント日本一を目指してしのぎを削った『キングオブコント2017』(TBS系)が放送された。今回、決勝に進出した10組の中からかまいたちが初優勝を飾ったが、ネットでは準優勝だったお笑いコンビ「にゃんこスター」に話題が集中しているようだ。


 にゃんこスターは、スーパー3助(34)とアンゴラ村長(23)によるコンビ。コンビ結成からわずか5か月、さらにアンゴラ村長が最年少かつ女性初の決勝進出者ということもあり、放送前から大きな注目を集めていた。


 この日、ファイナルステージ出場者を決めるファーストステージで、にゃんこスターは“縄跳び”を使ったリズムネタを披露。リズム縄跳びの発表会という設定で、アンゴラ村長が音楽に合わせて華麗に縄を跳ぶ。しかし曲がサビに来ると、縄を捨てて、不思議なダンスを踊り出し、スーパー3助がハイテンションでリアクションをとるという内容だった。


 にゃんこスターのネタは、会場の観客に大ウケ。審査員も笑顔を見せたが、予想外のリズムネタにとまどいを隠せないようで、ネタ披露後、司会のダウンタウン浜田雅功(54)は「審査員に衝撃が走っている」とコメント。審査員の松本人志(54)も「ちょっと、これはまいったなぁ」とこぼしていた。そして注目の得点は、ファーストステージのトップとなる466点を獲得。ファイナルステージ進出を決めた。


 続くファイナルステージ。にゃんこスターは、縄跳びではなくフラフープを使い、ファーストステージとほとんど変わらないリズムネタを披露。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品