0

たけし、カズオ・イシグロ氏のノーベル文学賞は「俺がとらせた!」

2017年10月6日 08時57分 (2017年10月6日 12時00分 更新)
お笑いタレントのビートたけしが6日、MCを務める5日間限定の朝の生特番『おはよう、たけしですみません。』(テレビ東京系 7:30~8:00)の最終日に出演。長崎市生まれの日系英国人作家カズオ・イシグロ氏が今年のノーベル文学賞に決まったことについて「俺がとらせた!」とコメントした。

番組では、イシグロ氏の受賞を報じたスポーツ紙を取り上げ、浅草キッド水道橋博士が「黒澤明小津安二郎伊丹十三北野武氏らの作品から多くのことを学んだ」というイシグロ氏のコメントを紹介。爆笑問題太田光は「生きているのたけしさんだけですからね」と話した。

たけしは「賞金1億円くらいもらってるんだろ? 影響料をくれたっていい。影響したんだから」と主張。博士が「殿(たけし)がとったようなもんでいいんじゃないですか?」と言うと、たけしは「間違いない。だれがなんといったって俺だよ。俺がとらせた!」と自信たっぷりにアピールした。

また、たけしは「英語で書いたからいいんじゃないのか? 日本のあれをうまく書けたんじゃ」と日本独特の表現もうまく英語で伝えられたのではないかと予想。自身のギャグを外国語に訳すのは難しく、「言葉が変わると笑わない」という過去の苦い思い出を語った。
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品