0

乃木坂46・3期生、本格演劇で"姫"に「成長した姿を見せたい」

2017年10月6日 16時17分 (2017年10月6日 19時20分 更新)
アイドルグループ・乃木坂46の3期生公演『見殺し姫』の公開ゲネプロが6日、東京・渋谷のAiiA 2.5 Theater Tokyoにて行われ、3期生の12人が取材に応じた。

3期生が本格演劇に挑戦する同公演は、平安末期、都の外れの竹林の中、塀に囲まれた屋敷で暮らしている12人の若き姫たち(乃木坂46)の物語。姫たちは各地の豪族の人質だが、そんな境遇を自分たちは知らず。そして、母親のような存在である女主人・おとど(かとうかず子)の危機に、姫たちは屋敷を抜け出して奮闘する。

囲み取材には、伊藤理々杏、岩本蓮加、梅澤美波、大園桃子、久保史緒里、阪口珠美、佐藤楓、中村麗乃、向井葉月、山下美月、吉田綾乃クリスティー、与田祐希の3期生12人が出席。劇中で演じる姫の衣装姿で登場した。

衣装について、梅澤は「重さも違うし、裾が長かったりする。稽古の時から着て、立つコツなどをつかみつつ今日まで頑張ってきた」と説明し、伊藤は「一つ一つ役によって工夫がされていてうれしい。歩くときに転びそうになったりして、昔の人はこんな格好で動いていたんだと感心しました」と話した。

また、梅澤は「12人で舞台に立てることがありがたいと思います」と感謝の思いを伝え、今年2月に行った3期生初公演『3人のプリンシパル』と比較し、「半年前とは経験してきた量が違う。単独ライブや全国ツアーを経験して成長した3期生を見せていきたいし、まだまだできるんだぞっていうのを見ていただきたい」と意気込みを語った。
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品