0

乃木坂46大園桃子、再び涙 8ヶ月間の“成長”も見せる<見殺し姫>

2017年10月6日 15時00分 (2017年10月7日 05時54分 更新)

大園桃子(C)モデルプレス

[拡大写真]

乃木坂46・3期生/モデルプレス=10月6日】乃木坂46・3期生が6日、AiiA 2.5 Theater Tokyoで舞台『見殺し姫』の上演前に、報道陣向けの囲み取材と公開ゲネプロを行った。

同舞台は、乃木坂46の3期生が本格演劇に挑む完全オリジナル作品で、3期生12人のほか、藤木孝かとうかず子が出演。

囲み取材には伊藤理々杏(いとう・りりあ)、岩本蓮加(いわもと・れんか)、梅澤美波(うめざわ・みなみ)、大園桃子(おおぞの・ももこ)、久保史緒里(くぼ・しおり)、阪口珠美(さかぐち・たまみ)、佐藤楓(さとう・かえで)、中村麗乃(なかむら・れの)、向井葉月(むかい・はづき)、山下美月(やました・みづき)、吉田綾乃クリスティー(よしだ・あやの くりすてぃー)、与田祐希(よだ・ゆうき)の3期生、全12人が出席した。

大園桃子が涙

取材が始まると自己紹介の後、自身の役柄を紹介していくことに。ほかメンバーが「(演じる)本人の性格に合った役を当てて頂いた」と語ってきた中、大園は自分の順番が迫ってくるにつれて、手を握りながら緊張。

いざ、話し出すと「今回…今回は、那由他役をさせて頂くんですけど、顔合わせの時に…顔合わせの時にその人にあった役を作ってくれたんですけど、那由他は虫が大好きな役なんですけど、そんなことは一言も言ってないんですけど、虫は嫌いじゃないです。役を頑張ります。お願いします」と自分の想いを振り絞ってコメント。
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品