0

飯豊まりえ、女子高生監督ドラマに「すごく新鮮」

2017年10月6日 04時12分 (2017年10月8日 00時00分 更新)
CS放送フジテレビONE/TWO/NEXTは10月5日、第4回ドラマ甲子園大賞受賞作品「青い鳥なんて」の完成披露試写会と記者発表を開催。栗林由子監督(17歳)のほか、主演を務めたモデルで女優の飯豊まりえ(19歳)らが出席した。本作の放送は10月22日23時から。

その他の大きな画像はこちら



ドラマ甲子園は、同局が演出家の才能発掘のため2014年より実施している企画。年1回、全国の高校生に広く呼びかけ、1時間のドラマ脚本を募集。大賞に選ばれた脚本は執筆者本人の演出で、プロのスタッフがサポートし、プロの俳優たちの出演で、テレビドラマとして制作する。今年は東京在住の栗林監督の「青い鳥なんて」が大賞に選ばれた。

栗林監督によりドラマ化された「青い鳥なんて」には、飯豊のほか、杉野遥亮中村ゆりかマキタスポーツらが出演している。

この日の記者発表で栗林監督は「大賞の知らせをいただくまでは今ここで自分が話していることは想像もできませんでした。この3~4か月の自分の変化に一番自分が驚いています。最初はこれからどんなことが起こるんだろうとワクワクしていましたが、撮影が始まると自分の弱さとか考えの甘さを思い知らされて苦労しました。それと同時にドラマ撮影の醍醐味を味わうことができました。それはドラマ甲子園ならではのことだと思います」と挨拶。

飯豊は「監督が真っ直ぐだったので、まっすぐであたたかな青春ドラマができました。たくさんの方に観てもらいたいと思います」、杉野は「監督とみんなで一緒にものづくりをしている感じがすごくあって、僕にとって楽しい現場でした。
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品