0

いとうあさこ、トミタ栞の15年後演じる「夜な夜な目を引っ張り開けてます」

2017年10月6日 20時09分 (2017年10月7日 20時10分 更新)

「劇団山田ジャパン」の秋公演『欲浅物語』(10月27日~11月5日/CBGKシブゲキ!!)制作発表記者会見より(C)Deview

[拡大写真]

 いとうあさこが所属する「劇団山田ジャパン」の秋公演『欲浅物語』(10月27日~11月5日/CBGKシブゲキ!!)制作発表記者会見が6日、都内で開催され、作・演出の山田能龍、出演者のいとうあさこトミタ栞与座よしあき森一弥、あやまん監督、木嶋のりこ、芋生悠、アベラヒデノブ、AKANE、ただのあさのぶ、羽鳥由記横内亜弓が登壇した。

 劇団山田ジャパンは、ドラマ『100万円の女たち』や『脳にスマホが埋められた!』などのドラマ脚本も手掛ける山田能龍率いる劇団。いとうあさこを筆頭に、個性派揃いの劇団員、芸人、タレント、ミュージシャン、実力派劇団からの多種多様な客演陣を迎え、山田が創り出す独特の言語感覚とコメディー感で構築された世界観を体現している。2012年には大阪進出を果たし、動員数も2000人を超えるなど、着実に人気を獲得している。

 今作は2018年の10周年を前に気合の入った本公演。三重県で液晶パネルを作る工場で働いていた、“欲の浅い”女性・素子が、とあるきっかけから“強欲”な女性へと変化し、周りを巻き込んでいく。物語は、そこに何があったのかを描き出していくことになるという。

 今回、主人公の女性・素子の変化前をトミタ栞が、変化後の大人の素子をいとうあさこが演じる。山田は「演劇のダイナミズム」と言うも、いとうは台本をもらった時点で「震えが止まらなかった」と明かす。「三重の奥から都会に出て来て、全くの別人になっていて驚くという役なので」と、キャラクターの違いはむしろいい方向ではあるが、「設定で15年しか差がないということなので、夜な夜な目を大きくするように引っ張ってます」と指で目を見開いて見せた。
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品