0

「ノーベル文学賞」カズオ・イシグロ氏受賞の衝撃 出版関係者てんてこ舞い

2017年10月6日 16時30分 (2017年10月6日 17時52分 更新)

ロンドンの自宅で記者会見したカズオ・イシグロ氏(ロイター)

[拡大写真]

 ダークホースの受賞に日本の出版社、書店など関係者がパニックに陥った。スウェーデン・アカデミーは5日、2017年のノーベル文学賞を、長崎市生まれの英国人小説家カズオ・イシグロ氏(62)に授与すると発表した。代表作「日の名残り」やTBSでドラマ化された「わたしを離さないで」などで知られる。日本出身の作家としては1968年の川端康成、94年の大江健三郎氏(82)に次ぎ3人目、23年ぶりの受賞。ブックメーカーの予想にもなかった伏兵の受賞に日本の関係者はてんてこ舞いとなった。

 ロンドンの自宅の庭で5日、記者会見したイシグロ氏は「信じられない出来事だ。予想していなかった」と第一声。「私は英国育ちではあるが、私のものの見方、世界観、芸術的な感性には日本が影響している。親は日本人で、親は家で日本語を話していた。私の一部はいつも日本人だと思っていた」と語った。

 1954年、長崎市で日本人の両親の間に生まれた。海洋学者だった父の仕事の関係で5歳で渡英、80年代前半に英国籍を取得。英語で執筆し、人間の意思疎通の難しさや記憶の不確かさをテーマとした作品は、情景描写の巧みさなどで高い評価を受けている。

 この“サプライズ”に、遠く離れた日本で出版業界がてんてこ舞いとなった。東京・新宿の書店「紀伊国屋新宿本店」には発表直後、同氏の作品は和書・洋書合わせてわずか30冊しかなかった。新宿通りに面した1階入り口に大々的に展開されることもなく、2階特設の「ノーベル文学賞」コーナーの棚に置かれた。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品