0

船越英一郎「『赤ひげ』主演は暴挙」 「大変なことがたくさん起きた年」

2017年10月6日 19時21分 (2017年10月7日 20時51分 更新)

会見に出席した船越英一郎

[その他の写真を見る]

 NHKBS時代劇「赤ひげ」の試写会および会見が6日、東京都内で行われ、出演者の船越英一郎中村蒼ほかが出席した。

 山本周五郎の没後50年にちなんで、傑作小説『赤ひげ診療譚』を連続ドラマ化。江戸の小石川養生所を舞台に、無骨で謎めいた医師・赤ひげと青年医師との交流を軸に、貧しい患者や市井の人たちの姿を描く。

 「赤ひげ」は、これまでたびたび映像化され、三船敏郎小林桂樹萬屋錦之介藤田まことといった名優が演じてきた。“平成版の赤ひげ”を演じる船越は「その作品に挑戦することは、無謀とも言える暴挙なんじゃないか」と大層なプレッシャーを感じたという。

 それでも「成熟し切った一人のヒーロー」というイメージが強い歴代の赤ひげたちと一線を画す、「自分の無知を嘆き、人間としての未熟さを嘆く未完成な男。赤ひげ成長譚になっていると思う」と語った。

 船越は、赤ひげ役への挑戦を「大冒険であると自分を鼓舞して演じた」といい、「大冒険の暴挙に踏み出した者として、もう一つ暴言を。今回ドラマは連続8回で原作を使い切った。次なる冒険にも出てみたいと思わせられる作品になれば」と早くも続編制作に期待を寄せた。

 また、ドラマの撮影は「4、5、6月の頭ぐらいまで」と、「ごごナマ」の放送開始とほぼ同時にクランクイン。慣れない帯番組の司会に奮闘し、同時進行で、3時間の生放送出演後に移動して撮影に取り組んできた船越は「35年以上俳優をやってきて初めての経験。なかなか今年は人生にとって大変なことがたくさん起きた年でございます」と、離婚調停中の妻・松居一代との騒動をにおわすような言葉を吐いた。

 ドラマはNHKBSプレミアムで11月3日午後8時から毎週金曜日にオンエア。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品