0

不倫、離婚…朝ドラ女優、騒動に負けない“メンタル最強”は誰?

2017年10月7日 06時00分 (2017年10月10日 17時08分 更新)
その瞬間、女優がこんなことを言うんだと驚きましたね。『相手の奥さんに謝罪します』と言うならわかりますが、どこか自分のことを客観的に見ているな~と感じました」(川内さん。以下同)

今回の不倫釈明会見については、こう続ける。



「あの会見は演技だと思いました。女優だな~と。頭はボサボサ、服装も“いま駆けつけてきました”と主張するかのような計算すら感じられました。そのしたたかさはピカイチでしたね」



メンタルがダントツに強いという評価の第1位は、『水色の時』('75年4月~10月)のヒロイン・大竹しのぶ(60)だ。



「“オトコ感覚で勝負して戦う”――。その筆頭が大竹しのぶさんですね。この人ほど、強い精神力を持った人はいないのではないかと思います。最初は、別の女性と同棲中の男性を奪い結婚。でも不思議なのが、普通ならダーティなイメージが付くのですが、彼女の場合そのイメージをかき消すぐらいの演技をする。略奪愛をしても女優として活躍する、そのしたたかさが女優には必要なんです。彼女にはそれがいちばんある」



大竹しのぶクラスのしたたかさがを持っていると、第3位に名前を挙げたのが、『純情きらり』('06年4月~9月)でヒロインを務めた宮崎あおい(31)。離婚前から、V6岡田准一との交際報道も……。



「'07年、10代のころから交際していた俳優の高岡蒼佑(現・奏輔)と結婚。その翌年、大河ドラマ『篤姫』に主演しました。彼女は自分のやりたいことをやるために自分の意思を通すタイプで、演技力もすごく高い。女優としてすでに自分のブランドが確立しているんです」



ヒロインになるのも大変。なってからは、もっと大変な人生が待ち受けている?

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品