0

綾野剛&星野源、終了後の会場で“共演の赤ちゃん”に神対応 穏やかなムード漂う

2017年10月7日 17時25分 (2017年10月8日 05時54分 更新)

神対応した綾野剛&星野源(C)モデルプレス

[拡大写真]

綾野剛/モデルプレス=10月7日】俳優の綾野剛が7日、主演のTBS系新ドラマ「コウノドリ」(13日スタート、毎週金曜よる10時※初回15分拡大)の完成披露試写会に星野源ら共演者と出席。

綾野剛星野源、神対応

この日、舞台挨拶が終了してキャストが退場したあと、綾野は星野と居残りし、会場に訪れていた同作で共演した赤ちゃんに神対応を行った。

フォトセッション後、星野が綾野に駆け寄り、指差しながら“何か”を知らせると2人で駆け足で客席の逆サイドに向かった。

そこには同作で共演した赤ちゃんとその家族が来場しており、綾野は赤ちゃんを抱き上げ神対応。

映画館だったが、まるで綾野演じる“鴻鳥サクラ”と、星野演じる“四宮春樹”が繰り広げるドラマの一幕のような光景に、会場は和やかモードに包まれた。

綾野剛、産科医になりきってドラマをアピール

この日はほかに、松岡茉優吉田羊坂口健太郎大森南朋が登場。

続編にあたり綾野は「命についての全てのことをこの作品を通してみなさんに届けられたらと思っております。前作はどちらかというと家族や赤ちゃん、妊婦さんなどいわゆる患者さんを描くことが多かったんですけど、今作では患者さんはもちろん、我々産科医と新生児科が協力して、ご家族が生活をしていく現実を描いていかなければいけない、そこには大変なことが沢山有る分なおさらです」と“産科医”になりきって内容を説明。

さらに「医者である我々も神ではないので、パーソナルな部分も描いていかなければならない。
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品