6

松本潤、覚悟を持って演じた禁断の恋「毒っ気があるからこそ強く惹かれ合う」

2017年10月7日 08時40分 (2017年10月8日 08時40分 更新)

ヒロイン・泉を演じた有村架純 (C)2017「ナラタージュ」製作委員会

[拡大写真]

 人気グループ・嵐の松本潤が、映画『ナラタージュ』(10月7日公開)で高校教師・葉山役を好演している。有村架純演じる元生徒・泉との禁断の恋が描かれた本作。松本がアイドルのオーラを封印し、「たとえ嫌な人だという印象になったとしても」と覚悟を持って臨んだ役作りとは? 嵐の活動との切り替えについても聞いた。

◆高校教師役は「普段の自分の4割くらい」のテンション

――高校教師・葉山に対して、どんな印象を持ちましたか?
松本潤】血の通っている、人間味のある人だという印象はありました。観てくれた男性の方からも、「共感する部分がある」と言ってもらえることも多くて、うれしかったです。とはいえ、シーンとして描かれている部分だけだと、自分勝手にも見えるんです。そもそも、原作では元生徒である泉(有村架純)目線で語られていて、葉山が実際にどう思っていたのかという描写はない。ナラタージュというのはモンタージュとナレーションを合わせた造語であり、泉が捉えていた葉山像の“回想”なんです。自分としては納得ができないシーンだったとしても、「それは泉の記憶の中にある葉山なんだ」と考えることで、バランスを取っていた感じです。

――リアリティがあるからこそ、男性からも共感される作品になっていると。
松本潤】リアルというか、ある種の毒っ気というのも、この作品の魅力だと思いました。キレイに描くことも可能だけど、毒っ気があるからこそ、強く惹かれ合ってしまうんじゃないか、と。

コメント 6

  • 匿名さん 通報

    普段の4割でこれならMAXだと尿になるのかよ

    9
  • 匿名さん 通報

    飲尿は元々嫌な奴なんだから地でいいじゃん。

    7
  • 匿名さん 通報

    コイツの周りも、あっコイツ尿じゃんって思ってるだろうけど、本人気にしないもんなのかな?有村も尿ってわかってるし事務所も尿の、イメージ嫌わなかったのか?

    7
  • 匿名さん 通報

    どうも”飲尿”しかイメージわかないから、生徒と先生の映画としか思えない。 そんな映画に付き合わされる有村架純を可哀想だとしか思え映画。 イメージが大切だよな。

    3
  • キジトラ 通報

    この映画はなんとなく興味がある…

    1
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品