0

藤圭子さん、引退前テレビ最後の映像発掘 SMAPの懐かしい映像も

2017年10月7日 15時00分 (2017年10月8日 15時20分 更新)

10月8日放送、『3秒聴けば誰でもわかる名曲ベスト100』司会の徳光和夫、DAIGO(C)テレビ東京

[拡大写真]

 テレビ東京系で8日、『3秒聴けば誰でもわかる名曲ベスト100』(後6:30~9:54)が放送される。美空ひばり山口百恵松田聖子SMAPなど、スターの懐かしい歌唱シーンや、一流歌手の衝撃モノマネ映像など、同局の秘蔵映像を大量発掘し、3時間半にわたり100曲紹介。あすの放送に先駆け、楽曲とレア映像の内容を一部が解禁された。

 ベスト100以外の特集コーナーでは、今では考えられない歌の特殊演出を発掘。八代亜紀がトラック野郎に囲まれ熱唱したり、松田聖子が隅田川花火大会とコラボレーション(?)。意外な共演、野村克也瀬川瑛子の「命くれない」、倍賞千恵子武田鉄矢の「贈る言葉」。引退編として藤圭子「圭子の夢は夜ひらく」、キャンディーズ春一番」。ものまね編として、郷ひろみ×西城秀樹×野口五郎の御三家がコスプレで「ハイスクールララバイ」、所ジョージが「港のヨーコ・ヨコハマ・ヨコスカ」、石川さゆりは全力で都はるみのものまねで熱唱する。さらに、デビュー間もない近藤真彦、SAMAP、少年隊の貴重な歌声も。

 スタジオでは藤あや子坂本冬美が「待つわ」、山内惠介が「やさしさに包まれたなら」、市川由紀乃が「ブルーライト・ヨコハマ」のカバーを披露する。

 司会の徳光和夫は「2回目の放送になりますが、ピンポイントにご紹介できないほどふんだんに面白い。目が離せません! そんな中でも私は、藤圭子のテレビ最後の映像にはちょっとくるものがありました。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品