0

NYデザイナー発 復興支援セールが東京でも

2011年4月11日 15時20分 (2011年4月18日 17時35分 更新)

 アメリカ・ニューヨークで日本の復興支援を目的に行われ話題となったチャリティーセール「FASHION GIRLS FOR JAPAN」が日本でも開催されることが決定した。災害救援情報まとめサイト「SAVE JAPAN! PROJECT」の主催により4月23日〜24日の2日間、東京・表参道で開催。国内外様々なブランドのアーカイブアイテムを販売し、売上金は全て災害支援金として寄付する。


NYデザイナー発支援セールに60ブランドの画像を拡大

 ニューヨークで行われた「FASHION GIRLS FOR JAPAN 60+ DESIGNERS/60+ ROLLING RACKS」は、11日に発生した東日本大震災の復興を支援するためMarc Jacobs(マーク・ジェイコブス)やAlexander Wang(アレキサンダー・ワン)などニューヨークを拠点に活躍する60のデザイナーやブランドによって開催されたチャリティーセール。このイベントに賛同したデザイナーは100名以上。4月2日〜3日の2日間、THE BOWERY HOTEL(ザ・バウリーホテル)で開催され、約20万ドルの寄付金を集めたという。



 国内では「SAVEJAPAN! PROJECT」のプロジェクトの一環として実施される「FASHION GIRLS FOR JAPAN」は、表参道のGYREビル3FとB1Fフロアを会場に行われる。参加企業には「BEAMS(ビームス)」や「kitson(キットソン)」の他、「PRED PR」や「PR01」、「steady study」など人気ブランドのPR業務を国内で行うアタッシュ・ドゥ・プレスが名を連ねる。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品