0

会員制ストア「コストコ」が一日無料パスを限定配布

2011年12月19日 18時05分 (2011年12月27日 15時35分 更新)

 アメリカの会員制倉庫型量販店「コストコ」を運営するコストコホールセールが展開するウェブサイト「コストコトクトクニュース」が、「1日ショッピングパス」の無料配布をスタートした。通常は、本人か家族がゴールドスターメンバー(個人会員)でなければショッピングができない完全会員制だが、期間中は無料パスで入店可能になっている。期間は、2012年1月8日まで。


「コストコ」が一日無料パス配布の画像を拡大

 倉庫型の販売形態を特徴とする「コストコ」では、「常に経費を節約し、その分を会員の皆様に還元していこう」という企業理念のもと、管理や陳列にかかるコストなどを徹底的に抑えており、商品は入荷時のままの状態で大型倉庫のような店内に並べられている。取り扱い商品は、家庭用品や家電、カー用品、アウトドア用品、オフィス用品、医薬品、食品など、あらゆるライフスタイルに対応。会員は、ゴールドスターメンバー(個人会員)とビジネスメンバー(法人会員)の2タイプで、ウェブサイト「コストコトクトクニュース」からも申込書をダウンロードすることができる。1999年に、コストコが日本に初出店したのは福岡県糟屋郡の久山倉庫。現在は、久山倉庫店のほか、幕張倉庫店(千葉市)、多摩境倉庫店(町田市)、尼崎倉庫店(尼崎市)、金沢シーサイド倉庫店(横浜市)、川崎倉庫店(川崎市)、札幌倉庫店(札幌市)、入間倉庫店(入間市)そして新三郷倉庫店(三郷市)、前橋倉庫店(前橋市)を運営している。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品