低価格雑貨「タイガー」日本1号店に大行列 大阪アメ村にオープン

2012年7月21日 14時10分 (2012年7月24日 13時35分 更新)
 北欧デザインで人気の雑貨チェーン店「Tiger(タイガー)」の日本第1号店「タイガーコペンハーゲン アメリカ村店」が7月21日にオープンした。11時の開店を前に約250人が並び、予定時刻よりも5分早く開店。カラフルなデザインの雑貨が並ぶ店内は多くの人で賑わい、オープン後も待ち時間が1時間以上という行列が続いている。

タイガー日本1号店に行列の拡大画像を見る

 「タイガーコペンハーゲン アメリカ村店」は、「Tiger」の日本上陸初店舗としてオープン前から話題を集め、女性や家族連れを中心に多くの客が押し寄せた。朝5時から並んだという先頭の40代男性は「サングラスを購入するつもり。プレゼントにお弁当箱も買おうと思う。この出店をきっかけに大阪が盛り上がってくれたら」と話し、また休日を利用して子供と一緒に東京から来たという女性は「変わったデザインのステーショナリーなどを買いたい。関東にも出店して欲しい」と話した。


 デンマーク・コペンハーゲン発の「Tiger」は、北欧流の柄やカラーを施した食器や掃除用具、文具など様々なアイテムをリーズナブルに提供する点が魅力のデザイン雑貨ショップとして人気。誕生当初は10クローネ(131.50円)の均一ショップとして展開していたところから、"北欧の100円ショップ"として日本のメディアから注目されている。今回の店舗では、平均店舗面積の2倍にあたる約500平方メートルの2階建ての店内に、雑貨類を2,000~3,000点販売。2012年度内に、3店舗の出店が計画されている。


■タイガーコペンハーゲン アメリカ村店  住所:大阪市中央区西心斎橋 2 丁目 10-24 プレヴュービル  時間:11:00~20:00

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

注目の商品