アメリカ年末商戦:売り上げランキングと重要ポイントをまとめてみました

2010年1月18日 18時00分 (2010年1月19日 18時57分 更新)
マリオやめろ! 敵は僕じゃ...はうっ!

 
1月14日、NPDグループが2009年12月のゲームソフトウェア&ハードウェア全米販売数を発表しました。さまざまな噂と予測と期待が渦巻いたアメリカ年末商戦を制したのは、次の顔ぶれです!

まずはソフトウェアから。

ソフトウェア販売本数

  • 『New スーパーマリオブラザーズ Wii』 (Wii) - 282万本
  • 『Wii Fit Plus』 (Wii) - 241万本
  • 『Wii Sports Resort』 (Wii) - 179万本
  • 『Call of Duty: Modern Warfare 2』 (Xbox 360) - 163万本
  • 『Call of Duty: Modern Warfare 2』 (PS3) - 112万本
  • 『はじめてのWii』 (Wii) - 101万本
  • 『マリオカートWii』 (Wii) - 93万6100本
  • 『アサシン クリード II』 (Xbox 360) - 78万3100本
  • 『Left 4 Dead 2』 (Xbox 360) - 72万8500本
  • 『マリオ&ルイージRPG3!!!』 (DS) - 65万6700本
(2009年11月29日~2010年1月2日、NPD調べ)

今年こそアメリカ市場で健闘するはずだったPS3のソフトはなぜ1本? そして任天堂が『New スーパーマリオブラザーズ Wii』と並んで目玉に据えていた『ゼルダの伝説 大地の汽笛』はどこに?

ハードウェアの結果と、米Kotaku、スティーブン・トティーロ記者の鋭い分析は以下から。
 

 

ハードウェア販売台数

  • Wii - 381万台
  • Nintendo DS - 331万台
  • PlayStation 3 - 136万台
  • Xbox 360 - 131万台
  • PSP - 65万4700台
  • PlayStation 2 - 33万3200台
(2009年11月29日~2010年1月2日、NPD調べ)

海の向こうのこの結果は、納得? 意外? トティーロ記者は目立ったポイントをピックアップして、その原因や背景を次のように分析しています。

ポイントその1:
PS3本体は据置型で2位の座に着いたのに、ソフト部門でランクインしたのはマルチプラットフォームの『MW2』1本のみ。評判の良かった『アンチャーテッド 黄金刀と消えた船団』は?

分析:

  • 『アンチャーテッド 黄金刀と消えた船団』を買った新規ユーザーもいるにはいたが、発売月の10月で50万本強、年末までの累計が95万本(ソニー発表)ということは、12月だけでランクインできるほどの結果はなかった。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

注目の商品