インドネシアのPST Teamが描く戦国時代とは?! ビジュアルノベルオンラインゲーム「SAMURAI TAISEN」が発表

2012年11月5日 16時46分 (2012年11月6日 14時22分 更新)

 日本のライトノベル風ストーリーとグラフィックで、われわれの度肝を抜いたインドネシア発ブラウザMMOビジュアルノベル「SENTOU GAKUEN」の開発元、PST Teamが新作を発表した。その名は「SAMURAI TAISEN」。日本の戦国時代を舞台に、侍たちの激戦が繰り広げられる。

 もちろん、PST Teamお得意のビジュアルノベルスタイルも健在。戦国武将たちはアニメ風のビジュアルで描かれ、そのうち何人かは女性として登場する。さすが日本好きのPST Team、アニメやマンガ界のトレンドも知り尽くしているようだ。

 本タイトルでは、Ji-Samurai(地侍)からスタートし、領土を発展させて兵を集め、時には政治的策略も駆使して自国の力をゆるぎないものにしていくことが目的。最終目標は“Shogun”のタイトルだ。諜報に活躍する“Komuso”、暗殺ユニット“Ninja”、“Shinobi”など戦闘以外に役立つユニットも多数登場する。NinjaとShinobiにはどのような違いがあるのかぜひ知りたいところだが、現時点では明確にされていない。

 異彩を放つ本タイトルは、11月30日より海外においてクローズドベータテストが行われる予定だ。 (菅原有香


[SAMURAI TAISEN] 公式サイト

Copyright © 2011-2012 PST Team.

元の記事を読む

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

その他の写真

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ブログに投稿
  • mail

注目の商品

携帯電話でニュースをチェック!
携帯ポータルサイト「エキサイトモバイル」