0

『名探偵コナン マリオネット交響曲』開発はスパイク・チュンソフト、ザッピングシステムを導入

2013年1月21日 14時40分 (2013年1月28日 13時44分 更新)
バンダイナムコゲームスは、ニンテンドー3DSソフト『名探偵コナン マリオネット交響曲』の最新映像を公開しました。

これまで発売されてきた『名探偵コナン 蒼き宝石の輪舞曲』と『名探偵コナン 過去からの前奏曲』同様、『名探偵コナン マリオネット交響曲』の開発はスパイク・チュンソフトが担当。そして今回は同社の人気サウンドノベル作品である『428 ~封鎖された渋谷で~』や『街 ~運命の交差点~』などで主に採用されていた「ザッピングシステム」を本作に導入。公開されたティザーPVでも、コナンと服部がザッピングしているシーンを確認することができます。

なお、次世代ワールドホビーフェア'13 Winterにプレイアブル出展されており、バンダイナムコゲームスのブースで試遊可能となっています。

名探偵コナン マリオネット交響曲』は、2013年4月25日発売予定で価格は5480円(税込)です。

(C)青山剛昌/小学館・読売テレビ・TMS 1996
(C)2013 NBGI

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品