暴力ゲーム規制派のリーランド・イー元議員、罪を認める…最高で懲役20年

2015年7月3日 16時05分 (2015年7月10日 16時12分 更新)
このエントリーをはてなブックマークに追加
■暴力ゲーム規制派のリーランド・イー元議員、罪を認める―最高で懲役20年

アメリカで暴力ゲーム規制を推進しながら、昨年3月、銃器密売や恐喝、贈賄容疑で米連邦捜査局に逮捕された元カリフォルニア州の上院議員リーランド・イー容疑者。現地時間水曜日に有罪答弁が行われ、汚職事件に対する罪を認めました。

同容疑者は子供達に有害だとして暴力ゲームに関する規制法案を提出するなど、暴力ゲーム規制を推進。2005年にカリフォルニア州で可決され、2011年に米連邦最高裁によって違憲判決が下った暴力ゲーム販売規制法案にも関わっていました。

罪を認めたイー容疑者は最高で懲役20年と罰金25万ドルの判決を受ける可能性があります。判決は10月21日に言い渡される予定です。自分自身が子供達に良からぬ影響を与える人物となってしまったリーランド・イー容疑者。犯罪に手を染める裏で、何を思って規制を推進していたのか、その真意は謎に包まれています。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

注目の商品