0

【TGS2017】物語性のあるキャラを作りたい―『デスティニーチャイルド』キム・ヒョンテ氏インタビュー

2017年9月29日 12時00分 (2017年10月13日 15時50分 更新)
2017年9月21日~9月24日に幕張メッセにて開催された「東京ゲームショウ 2017」。今回は、『デスティニーチャイルド』のディレクターでキャラクターイラストを担当された、キム・ヒョンテ氏にインタビューを行いました。

キム・ヒョンテ氏は、韓国のイラストレーターでゲームデザイナーも務めています。『創世記戦3』、『マグナカルタ』のキャラクターデザインや、『ブレイドアンドソウル』のアートディレクションを手がけました。『デスティニーチャイルド』は自身が手がける初のスマートフォンアプリです。

──韓国ではすでにリリースされていますが、ユーザーの反応はいかがでしょうか?

キム氏:コアなユーザーにアピールできるかなと思っていましたが、初日から予想の10倍ぐらいのユーザーさんにプレイをしていただけました。お陰様でしばらくの間は売り上げランキング1位を維持できましたが、サービスとしては足りない点が多かったことが事実でした。日本版ではリリース直後から期待に応えられるようにしたいですね。

──日本でのリリースにあたって、ローカライズ以外で手を加えている部分はありますか?

キム氏:絵やメインストーリー以外はすべて作り直しています。中心軸は一緒ですが、日本人に親しみやすいように見せ方を変えている感じです

──スマホ版とちょっぴりセクシーなPC版のちがいについて教えてください。

キム氏:スマホ版は全年齢の対象に合わせてバランスをとる必要があります。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品