0

飲酒の後の「締めのラーメン」が認知症の原因だった!? 脱メタボでボケ防止!

2015年1月31日 11時11分 (2015年2月5日 11時12分 更新)

 2015年1月27日、厚生労働省が「認知症施策推進総合戦略~認知症高齢者等にやさしい地域づくりに向けて~(新オレンジプラン)」を公表し、ニュースやワイドショーでもひとしきり認知症が話題になった。

 日本の認知症患者は、2012年時点で約462万人、65歳以上の高齢者の約7人に1人が認知症だ。さらに団塊の世代が75歳以上となる2025年には、65歳以上の高齢者に対する割合が約5人に1人に増える見込みだ。

 認知症にはいくつかのタイプがある。60%近くを占めるのがアルツハイマー型認知症、次いで多いのが15%前後を占める脳血管性認知症。

 このどちらの原因にも大きく関わっているのが食生活だ。認知症患者が増えている原因としては急速な高齢化が大きいが、若年性認知症の増加が目立っていることを見ても、そこには戦後の日本の急激な食生活の変化が大きく影を落としていることがわかる。

アルツハイマー型認知症の原因は炭水化物
 
 アルツハイマー型認知症の直接的な原因は2つある。

 ひとつは老人班(ろうじんはん)。アルツハイマー型認知症の患者の脳には、神経細胞毒性の強いアミロイドβが集まった老人班が見られ、その老人班が脳の細胞を死滅させる。もうひとつは神経原線維変化。リン酸化されたtauタンパクが神経細胞内に蓄積することによって神経原線維変化が起こり、脳の神経細胞が委縮してしまう。

 このどちらにもインスリンが深く関わっている。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品