1

小林麻央さんの乳がんも見落とし!? 最新研究「40歳から毎年マンモグラフィ検診」推奨

2017年9月21日 17時00分 (2017年9月29日 07時47分 更新)

年1回のマンモグラフィ検査で乳がん死が減るのか?(depositphotos.com)

[拡大写真]

 6月22日、乳がんのために34歳の若さで亡くなったフリーアナウンサーの小林麻央さん――。闘病生活を綴ったブログとその死は多くの人々に影響を与え、女性にとっては乳がんを自分自身の問題として考えるきっかけになった。

 乳がんを早期発見するために効果的なのは、定期的な「がん検診」だ。日本では「40歳以上の女性」に「2年に1度」の乳がん検診を受けることを薦めている。その乳がん検診で行われるのが、乳房エックス線検査(以下マンモグラフィ)だ。

なぜマンモグラフィは「40歳以上」?

 ところで、麻央さんのように「30代以下」で乳がんに罹る人の数は年々増えていると言われる。それなのにマンモグラフィ検診が「40代以上」を対象としているのはなぜか?

 それは、30代以下のマンモグラフィ検診が、乳がんによる死亡を減らすという明確なエビデンスがないからだ。30代以下の乳がんは滅多に見つからない。そのため、がんを発見できるメリットよりも検診によるデメリットのほうが大きいのだ。

 乳腺が発達している20~30代は、乳腺密度が高いため、マンモグラフィでは乳腺とがんによるしこりを判別しにくい。どちらも同じように白く写るからだ。そのため、本当はがんではないのに「疑いあり」とされる偽陽性も起こりやすくなる。

 その結果、不要な検査や過剰治療によって手術を受けたり、放射線を被曝したり、不安感や精神的なストレスを感じたり、進行しない微少ながんの発見に繋がるリスクも負わなければならない。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメント 1

  • 匿名さん 通報

    マンモグラフィだけではダメって、メディアでも散々取り上げていたはずだが。超音波検診も実施することによって、発見率が上がるとか言っていたはずだけど。

    0
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品