1

10月は<乳がん月間> 検診と治療の新時代の幕開けか? 患者の5%が手術不要に!

2017年10月3日 15時00分 (2017年10月14日 07時47分 更新)

年間3000~5000人の国内の乳がん患者が手術不要に(depositphotos.com)

[拡大写真]

 第3に、寝台上面と検出器間の距離を可能な限り短縮したため、胸壁部分に生じやすいブラインドエリアが縮小され、寝台の形状変更によってさらに快適に受診できる。

 第4に、日本人女性に多い高濃度乳房の検査にも有効であるため、抗がん剤による治療効果の判定に利用できる有用性も高い。

 第5に、過去に蓄積された多くの臨床例を再検証し、検出器の構造の最適化を図ったため、導入コストの低減も実現している。

 なお、エルマンモ アヴァン クラスによる乳房専用PET(陽電子放射断層撮影)は、同じ検査日に全身PET検査を併せて行った場合に限って、健康保険が適用される。

 さて、検査と治療の分野で新しい可能性が広がり、乳がんのリスクが少しずつではあるが低くなっている。少しでも「乳がんかなと?」思ったら、先述した情報を参考にして、必ず乳腺外来の専門医を訪ねてほしい。
(文=編集部)

※参考
●「日本乳癌学会乳腺専門医」/http://www.jbcs.gr.jp/ninteii/senmoni.html
●「マンモグラフィ検診精度管理中央委員会」/http://www.mammography.jp/検診マンモグラフィ読影認定医師・撮影認定診療放射線技師・医師リスト
●「J-POSH」「マンモ検診機のある病院」/http://www.j-posh.com/index.htm

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメント 1

  • 匿名さん 通報

    俺は、奥さん、両方無いけど…毎日のように愛してるよ。

    0
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品