1

金属を飲み込でしまう男 ネジ・クギ・カミソリが胃からガッポリ!仏

2017年10月4日 18時15分 (2017年10月8日 12時45分 更新)

胃のX線写真。ネジや針のシルエットがはっきり写る(Elias Chahine/The BMJ)

[拡大写真]



 それまでは胃カメラを見ながら、医師がチューブでつないだ手術器具を操作する内視鏡手術を行なっていたが、5回目は開腹手術に踏み切って、異物を取り除いた後は、再発防止のために胃と腸の一部を切除することにした。



 患者を担当したエリアス・シャヒーン医師は「胃の切除は患者を本当に治したことにはなりません。金属を飲み込むのは、自傷行為の一環です」と話している。



 『BMJ』によると、異物を飲み込んでしまう症例はそれほど多くはないが、精神病患者や心理的な問題を抱えている若者世代では報告されることがあるという。そのうち有名なものは、自分の髪の毛を食べてしまう「ラプンツェル症候群」だという。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメント 1

  • 匿名さん 通報

    怪獣カネゴン

    1
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品