0

戦後日本で「糖尿病」や「生活習慣病」が増えたのは本当に「食の欧米化」が原因か?

2017年10月6日 08時00分 (2017年10月16日 07時47分 更新)

食の「普通の欧米化」で生活習慣病を減らす(depositphotos.com)

[拡大写真]

アメリカ糖尿病学会(ADA)の主張するような食生活の改善ですね。

 もちろん、糖質摂取量を減らすのが大正解ですが、それだけにこだわる必要はありません。

 たとえば、「カロリー制限+運動」でがんばる。「糖質摂取量は減らしたくない」という人は、それでいけばいいです。ベストではありませんが、糖尿病の悪化を緩やかにする程度の効果はあります。地中海式ダイエットや植物性のたんぱく質や脂質を摂取を中心に生活したければ、それも選択肢の一つでしょう。肉を食べることが怖い人に、強制はしません。

 日本もそういう懐の深い「食の欧米化」で生活習慣病を減らしていけたらいいな、そう思います。普通の欧米化ですね。

連載「肥満解読~痩せられないループから抜け出す正しい方法」バックナンバー

吉田尚弘(よしだ・ひさひろ)

大阪市内のクリニック勤務。1987年 産業医科大学卒業、熊本大学産婦人科に入局、産婦人科専門医取得後、基礎医学研究に転身。京都大学医学研究科助手、岐阜大学医学研究科助教授後、2004年より理化学研究所RCAIチームリーダーとして疾患モデルマウスの開発と解析に取り組む。その成果としての<アトピー性皮膚炎モデルの原因遺伝子の解明>は有名。
その傍らで2012年より生活習慣病と糖質制限について興味を持ち、実践記をブログ「低糖質ダイエットは危険なのか?中年おやじドクターの実践検証結果報告」を公開、ドクターカルピンチョの名前で知られる。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品