0

【速報】Facebookユーザー激減? 広告に嫌気?架空IDの削除?

2013年2月8日 12時00分 (2017年7月21日 12時43分 更新)
2012年中に急増も2月に激減
去る1月、「socialbakers」は2012年のFacebookユーザー数を発表した。それによれば、アジアのユーザー数は約2億7,800万人。ユーザーの増加数ランキングでは、日本は第3位にランクイン。日本のFacebookユーザーは2012年の1年間で約1,100万人増、12月31日時点で約1,700万人となっている。

しかし、これと正反対の現象がこの2月、急に起こった。日本のFacebookユーザーが一気に330万人も減少したという。IT関連のコンサルタントなどをする永江一石氏が7日、ブログで報告している。それによれば、ユーザー数は2月5日に大激減、現在約1,400万人だという(数字はsocialbakersのデータを元にしている)。

減少原因のひとつの可能性として、永江氏は架空IDの削除をあげている。Facebook利用者なら身に覚えがあるかもしれないが、見ず知らずの女性(例えば「太田咲」「荒井七海」)からフレンド申請が来たことはないだろうか?Facebookがそうした架空IDを削除した可能性もある。しかし、永江氏は
「(Facebookには)まだまだ無尽蔵に架空IDがいる」

と指摘する。

[image by ideagirlmedia]

アメリカでも進むFacebook離れ
実は、永江氏も指摘しているように、アメリカでもFacebook離れが進んでいる。THE WALL STREET JOURNAL.が先月報じたところによれば、アメリカでは昨年12月初旬に、前月比で140万人の減少を記録したという。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品