0

1TB SSD登場、マイクロン

2013年4月11日 10時11分 (2013年4月23日 10時47分 更新)
マイクロンジャパンは4月10日、SSD新製品となる「Crucial M500 SSD」の販売を開始した。

120GB、240GB、480GB、960GBのモデルがあり、それぞれ実売想定価格は12,600円、21,000円、38,850円、60,900円。

今回販売がはじまったのは2.5インチモデル(厚さ7mm)版で、mSATA版は4月中旬からの出荷が予定されている。

M.2に関しては価格・出荷時期ともに未定。

M500は1TBモデルのSSDをコンシューマ市場に広く販売する初の製品となる。

16GB 20nm MLC NANDダイを採用。

1チップあたり4つNANDダイを搭載し、最大で16チップ搭載することで、1TBモデル(960GB)容量を実現している。

コントローラにはMarvell 9187を採用。

ダイあたりの密度を引き上げるためにページサイズを8KBから16KBへ引き上げているが、この方式は性能の低下を招くという弊害も抱えている。

M500ではこうした性能の低下を最小限のレベルにとどめ、容量と性能の双方を実現しているところに特徴がある。

M500の1TB(960MB)モデルの1GBあたりの単価は、実売想定価格換算で64円ほど。

1TBモデルでこの価格を実現しているところが注目ポイント。

最近ではアプリケーションやシステムの起動性能のよさなどから、ノートPCやデスクトップPCでもSSDを採用する傾向がある。

【拡大画像を含む完全版はこちら】

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品