0

CCCグループ、徳間書店を子会社化

2017年3月21日 13時35分 (2017年3月27日 00時00分 更新)
 カルチュア・コンビニエンス・クラブ(CCC)グループのカルチュア・エンタテインメントは、60年の歴史を持つ総合出版社である徳間書店を子会社化したと発表した。

 徳間書店は、『GoodsPress』、『食楽』などのライフスタイル誌や、『Animage』といった日本のアニメクリエイターを発掘・輩出する雑誌などの出版・発行を行ってきた、60年の歴史を持つ総合出版社だ。

 蔦屋書店やTSUTAYAの企画・FC展開事業、Tポイントによるデータベースマーケティング事業などを行うカルチュア・コンビニエンス・クラブグループの、カルチュア・エンタテインメントは、徳間書店の株式を取得し、2017年3月21日付けで子会社化した。

 生活提案系出版社を複数有しているカルチュア・エンタテインメントの子会社になることで、徳間書店の培ってきた編集力やノウハウ、取引先との信頼関係を活かし、CCCグループの各事業と掛け合わせた企画を生み出し、新たなライフスタイル提案を創出する。

【関連記事】
講談社×デジタルガレージ、女性向け「コンピレーションメディア」を2017年前半に提供
日経BPコンサルティング、中国富裕層向け雑誌「行楽」の知見活かしたコンサルティングを開始
蔦屋家電など「未来商店」を開始~クラウドファンディングの商品に触れ、一歩先の未来を体験
代官山蔦屋書店、ビッグデータとGoogle Glassを組み合わせた体験イベントを開催
CCCと映画レビューサービス「Filmarks」が連携、リアルとネット融合したプラットフォーム目指す

■記事全文へ
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品