0

CTC、オープンイノベーション「DEJIMA」の専用スペースを開設

2017年10月6日 16時02分 (2017年10月6日 18時40分 更新)
伊藤忠テクノソリューションズ(CTC)は10月6日、顧客との新規ビジネスアイデアの創出や各種ワークショップ・ミートアップなどを開催するオープンイノベーションのための専用スペース「DEJIMA(デジマ)」を同16日に開設すると発表した。

同社では、IT技術を活用し、顧客との新規ビジネスの立ち上げを行う未来技術研究所を中心に、新規ビジネスアイデアの創出から事業化を総合的に支援するオープンイノベーションプラットフォーム「CTC Future Factory」を提供しており、リーンスタートアップのためのアジャイル開発、コミュニティ・イベント、業種連携やマッチングなどのプロデューシング、専用スペースの4つの機能で構成されている。

DEJIMAは顧客と未来のアイデアを創出するための専用スペースとなり、オープンイノベーション創出に必要な場所と機会を提供し、新しいアイデアを早期にビジネスに取り入れるための、プロトタイプ開発環境を整備している。

同スペースは「360度プレゼンテーション設備」「プロジェクトルーム」「グループワークショップスペース」「西海岸とのリモート接続」の4点の特徴を持つ。

360度プレゼンテーション設備は、用途に応じて、半円状や360度全面を客席としてプレゼンテーションができる設備を完備。柔軟なテーブル配置でハッカソンやアイデアソンなど、さまざまな形式のワークショップに対応できる100人以上が収容可能なスペースとなる。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品