0

データ処理にかかるコストや工数を大幅削減!フロムスクラッチの「b→dash」に新機能が追加

2017年10月6日 16時00分 (2017年10月16日 16時30分 更新)
 フロムスクラッチは、同社が提供するマーケティングプラットフォーム「b→dash」において、AIを活用した新機能「b→dash Data Preparation Engine」の提供を開始した。これにより、データ処理の工程における工数やコストの削減が可能となる。

 フロムスクラッチは、同社が提供するマーケティングプラットフォーム「b→dash」に、AIを活用したData Preparation(データ準備)の新機能「b→dash Data Preparation Engine」をリリースした。

 Data Preparationとは、データ処理の工程をIT技術者だけでなく、誰もが簡単にできるようにする新しいデータ処理の工程のこと。適切なデータの活用には、データをExtract(抽出)、Transform(変換)、Load(取り込み)するETL工程が必要で、この工程におけるデータ処理にかかる膨大な工数とコストは、多くの企業で課題視されている。

 同社が今回リリースした新機能「b→dash Data Preparation Engine」は、Data Preparationの機能を基盤として、データ処理の工程を「b→dash」のプラットフォーム上で簡単に操作・処理できるようにしたもの。これによりデータ処理工程が大幅に削減できるため、迅速な施策への展開が実現する。

 具体的には、Web、mobile、SNS、自社システムなど各種データソースとの連携もワンタッチで可能に。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品