iPadアプリ、これがオススメ! 〜58個のアプリ紹介〜

2010年4月6日 11時30分 (2010年4月7日 13時51分 更新)
このエントリーをはてなブックマークに追加


iPadのApp Storeがオープンしましたよ! とりあえず、これまでチェックできたベストアプリをご紹介します!

やっぱりiPhoneからの拡張がすごく多いんですが、iPhone版よりも価格は高めです。でも、iPadで見ると、確かにiPadの方が使いやすいしきれいだし、まあいいかっていう気もしてしまいます!

記事翻訳時点で、日本のApp Storeでも購入できるときは日本円価格も併記しています。

アプリの詳細は続きでどうぞ!
 

エンターテインメント&動画



Netflix: Netflixアカウントさえあれば、映画とかTV番組数千件が見られます。アカウントは1ヵ月9ドル。アプリは無料です。でも日本のApp Storeにはありません。



ABC Player: App Store初のTVアプリです! ABCのWebサイトでストリーミング視聴できる動画が、iPad向けインターフェースでスマートに見られます。しかも無料! こちらも日本のApp Storeにはありません。



Marvel:Comics: iPadがコミックになります! これは本当にオススメ。リーダーアプリは無料、コミックは有料です。



iBooks: iPad発表のときにプレゼンされた、アップルの電子書籍ストアです。Kindle for iPadも発表されましたが、やっぱりiPadにはiBooksがベストです。アプリは無料。こちらも日本のApp Storeにはありません。



NBA Game Time Courtside: NBAの全試合状況を見ることができるダッシュボードになってます。無料です。こちらも日本のApp Storeにはありません。



MLB At Bat: iPhone同様、メジャーリーグの試合を生で見られます。ライセンス問題、ブラックアウト(ローカルTVで放送される場合、そちらが優先になるルール)などの関係で見られない試合については、シミュレーションのみになります。価格は15ドル、日本では1700円です。



ESPN ScoreCenter: スポーツ競技ごとにアプリを入れるのはめんどくさい、という方にはこちらです。スポーツ情報がどんどん更新されます。試合結果のドリルダウンや、カラムやペイン、フレームを使って情報もりだくさんです。価格は5ドル、日本では600円です。



Yahoo Entertainment: TV番組ガイド、エンタメ系ニュース、動画のハブです。無料。こちらも日本のApp Storeにはありません。



SoundHound: かかっている曲や、鼻歌でも、そののタイトルを高速エンジンで認識して教えてくれます。さらに、歌詞表示、ミュージック・ディスカバリー、ヒットチャート(認識される曲ランキング)、プレイリストのプレイバック機能もあります。5ドル、日本では600円です。



Shazam: 曲認識ですが、SoundHoundのように、人の歌とか鼻歌では認識できません。それに認識精度は、正直SoundHoundの方が高いです。でも、無料です! が、日本のApp Storeにはありません。



Pandora: ミュージック・ディスカバリーアプリです。iPad版にはさほど拡張はなく、基本のラジオ機能に徹してます。でも、無料で無制限、そして選曲がやたらいいです。が、日本のApp Storeにはありません。


ゲーム



Flight Control: 自分の飛行機を無事飛ばして着陸させるゲーム。飛行軌跡を指でなぞるのは、iPhoneでも自然でしたが、ディスプレイの大きいiPadでは、さらに自然に楽しめるようになりました! 5ドル、日本では600円です。



Plants vs. Zombies: 植物を植えて、ゾンビの群れからわが家を守りましょう! iPadの大きくなったスクリーンでは、より楽しめます。10ドル、日本では1200円です。



Fieldrunners: iPhoneにもあったタワーディフェンスゲームですね。画面が大きくなって8ドル、日本では900円です。



Scrabble for iPad: Scrabbleの、すごくキレイで動きも滑らかになった版です。10ドルです。日本のApp Storeにはありません。



Mirror's Edge: PS3とXboxでたくさんのゲーマーを(文字通り)酔わせたアクションゲームがiPad向けに登場です。特別価格13ドル。日本のApp Storeにはありません。



Civilization Revolution: 数週前、iPad購入予定の関係者に聞いたところ、欲しいアプリとしては、RTS(リアルタイムストラテジー)系とTBS(ターン制ストラテジー)系のゲームは、みんなのトップ5に入ってました。特にこのCivilizationは定番じゃないでしょうか。13ドル、日本では1500円です。



Labyrinth 2: iPhoneの名作、ラビリンスゲームが、さらに面白くなりましたよ! 迷路には穴があいているだけでなく、レーザー、大砲、風やセキュリティカメラといった仕掛けが追加されてます。3Dのグラフィックスもきれい。8ドル、日本では900円です。



Uno: こちらもクラシックゲーム、Uno。Flashがないとかマルチタスクじゃないとか、難しいことは抜きに楽しみましょう。7ドル、日本では800円です。



Geometry Wars: ポピュラーなスペース・シューティング/パズルゲームが、マルチタッチで使えるようになってさらに面白くなりました。10ドル、日本では1200円。



Smule Magic Piano: iPhoneのピアノアプリもよかったですが、iPad向けの、このうずまきピアノはもっとゲーム性が高く、楽しめます。3ドル、日本では350円です。


ニュース/ソーシャル



NYT Editor's Choice: ニューヨーク・タイムズのiPad版です。無料です!



USA Today: そしてUSA TodayもiPadに登場。こちらも無料。



WSJ: ウォールストリート・ジャーナルは、紙の新聞っぽくてちょっと保守的な印象です。これでアメリカの3大新聞がiPadの初日に出そろいました。しかも全部無料です。



AP: AP通信からも、動画つきのニュースアプリです。こちらも無料。



NPR for iPad: 公共放送NPRは、iPad向けにはデジタルマガジンの形態をとっています。ラジオの音声を聴きつつ、テキストや写真のニュースを見ることができます。無料。



Popular Science: レイアウトが秀逸。もちろん単なる雑誌のキャプチャではなく、タップやスワイプをうまく使った、iPad独自のナビゲーションになっています。5ドル、日本では600円。



BBC: BBCの映像、テキスト、ラジオのニュースが全て見られます。無料。



Bloomberg: これでiPadがハードコアな金融ニュース端末に! 無料。



StumbleUpon: シンプルなリンク共有アプリです。これも、iPhoneよりiPadのほうが使いやすくなっています。無料。



Instapaper: 「後で読む」アプリ。画像は除いてシンプルに読むことができます。5ドル、日本では600円。



NewsRack: iPadにもRSSリーダーが必要です。NewsRackはiPhone版もよかったですが、iPadへの拡張版もちゃんとできてます。しかも、iPhone版を使っている方なら無料でiPad版をダウンロードできます。そうでない方は、日本では600円です。



Feeddler: RSSリーダーくらいで有料はイヤという方に。基本的なRSSリーダーの機能があり、無料です。



Fluent News: RSSリーダーを使わない方で、ニュースをすっきりまとめて読みたい方のために。ワシントン・ポストやウォールストリート・ジャーナルなど、主要なニュースソースをまとめて届けてくれます。無料。



Accuweather Cirrus: 天気予報はこれで! 無料。



Tweetdeck: Tweetを種類別にカラム表示できるTweetdeck。iPad版は、iPadの画面に合わせ、ポートレート・モードなら2カラム、ランドスケープ・モードなら3カラムを並べて見られます。無料。



AIM: AOLのインスタントメッセンジャー。見た目良し、しかも無料です。



IM+: Windows LiveやFacebookやYahoo!...など、複数プロトコルに対応したメッセンジャーが欲しい方に。10ドル、日本では1200円です。



Loopt Pulse: ローカルアプリです。地域イベントやレストラン情報など。無料。ですが、日本のApp Storeにはありません。



Dash Four: 居場所を教え合うアプリ「Foursquare」のダッシュボードアプリです。友達がどこにいるか、iPadの大きな画面ですぐに見られます。2ドル、日本では230円です。



Craigsphone: CraiglistのiPad版。「Webサイト版より良い」と多方面から絶賛です(Webサイトにとっては微妙な評価ですが)。無料。


生産性向上/ユーティリティ



iWork: これのおかげで、ワープロ・プレゼン・表計算ソフトの中での競争が激しくなってくると思われます。が、すぐにではないです。でもPages、Numbers、Keynote、それぞれ完成度が高く、これでまとめて30ドルはお買い得。各10ドル。日本のApp Storeには(まだ)ないです。



The Elements: 美しい元素周期表!さらに、Wolfram|Alphaと連動して、元素の詳細情報や最新の価格を表示してくれたりもします。14ドルとちょっと高め、日本では1600円です。



Dragon Dictation: 人の声を認識して、テキストに起こしてくれます。無料。日本のApp Storeにはありません。



Wolfram|Alpha: どんな質問にも答えてくれるWolfram|Alpha。iPhoneアプリでは50ドルで、しかもWebサイトより便利とは言い難いものでしたが...iPad向けはぐっと使いやすくなり、価格はなんと2ドル! 日本では230円です。



National Geographic World Atlas HD: 世界地図と、各地の情報が入ってます。自分のお気に入りの場所に情報を書き込むことも可能。2ドル、日本では230円です。



Dictionary.com: 辞書+類語辞書、無料です!



Epicurious: おいしそうなレシピがてんこ盛り! 無料です。



Kayak: ホテルや飛行機予約ができるトラベル・プランナー。無料です。



Wikipanion: Wikipedia本体よりも使いやすい、Wikipediaのリーダーです。無料。



IMDB: 映画情報の定番。無料です。



Brushes: 描画アプリはiPadのタッチスクリーンを活用するにはマストですね。ややコテコテすぎておもちゃっぽく見えますが、おもちゃとしては十分すぎる機能です。10ドル、日本では1200円。



Sketchbook Pro: SketchbookはBrushesよりちょっと高度で、本格的にイラストを描いたりしたい方に。8ドル、日本では900円です。



Ebay: iPadをいち早くゲットしたら、Ebayで売ってしまいましょう! というわけではありませんが、とにかくEbayアプリ。無料です。でも日本のApp Storeにはありません。



Desktop Connect: iPad画面でWindowsやOS X、Linuxを見たら、どんな風か...VNCクライアントをダウンロードして、試してみましょう! 自宅のパソコンをつなげられる、デスクトップビューワーです。12ドル、日本では1400円です。



Bento: 連絡先、イベント計画、写真などなどをテンプレートできれいに整理して管理できます。5ドル、日本では600円です。



Voice Memos: iPadにはボイス・レコーダーがついてませんので、こちらをどうぞ。無料です。



iDisplay: iPadを、VNC設定やら面倒なことなく、セカンド・モニターにしたい方へ。今はちょっとバグが多いですが、デベロッパー(IM+と同じ会社です)によると、修正版を準備中とのこと。5ドル、日本では600円です。


John Herrman(原文/miho)
 

元の記事を読む

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

注目の商品