米政府主導、代替自動車燃料として天然ガスへの移行を推進

2012年3月5日 11時20分 (2012年3月7日 17時51分 更新)

danceman 曰く、

米国では政府主導で、ガソリンを代替する自動車燃料として天然ガスへの移行を推進する動きが始まっている。米エネルギー省高等研究計画局 (ARPA-E) の「自動車燃料の選択肢としてのメタンガス (MOVE)」プロジェクトは 1000 万ドルの研究助成金を受けている (Network World の記事本家 /. 記事より) 。

ARPA-E によれば、現在世界で使用されている天然ガス自動車は 1300 万台以上にもなるとのことだが、米国ではたったの 12 万台程度であるという。また石油価格が高騰する一方で、天然ガスは比較的価格が低く、米国内における天然ガス保有見積量はこの 10 年間で急増している。今こそ従来のガソリン車から天然ガス自動車にシフトする時なのだろう。

だが米国内における天然ガスを充填するスタンドの数は少なく、またガソリンスタンド建設にかかる費用は 10 万ドル程度であるのに対し、天然ガスのスタンドの建設費用は 160 万ドルほどもする。この問題を解消するため MOVE プロジェクトでは、家庭でも天然ガスを充填できるシステムの開発も行われるとのこと。

スラッシュドットのコメントを読む | スラッシュドットにコメントを書く | サイエンスセクション | テクノロジー | 日記 | サイエンス | アメリカ合衆国 | 政府 | 交通

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ブログに投稿
  • mail

注目の商品

携帯電話でニュースをチェック!
携帯ポータルサイト「エキサイトモバイル」