0

ラナ、「R2-D2」をモチーフにした投影式キーボードを発売

2014年5月7日 15時47分 (2014年5月8日 17時12分 更新)

「R2-D2 バーチャルキーボード」 (C) &TM Lucasfilm Ltd.

[拡大写真]

ラナ、「R2-D2」をモチーフにした投影式キーボードを発売
株式会社ラナは、新ブランド「imp.」を発表した。この「imp.」は、ディズニー/ピクサー/マーベル/スター・ウォーズの保有するキャラクターをモチーフにしたデジタルガジェットを展開するブランド。第1弾商品として、スター・ウォーズの人気ドロイド「R2-D2」を模したデザインの投影式キーボードが発売される。同社直販サイト「ラナタウン」での受注予約が既に開始されており、8月下旬より順次出荷予定で、価格は3万3480円(2014年5月7日時点での価格)。

今回発表された「R2-D2 バーチャルキーボード」は、赤色レーザー光によって机上などにキーボードを投影させることができ、そこに触れることでBluetooth 3.0(HIDプロファイル)接続した機器への入力操作を行える。キー入力をはじめとする各種の操作時には「R2-D2」の音声が効果音として出る仕様。投影されるキーボードは英語配列68キーで、輝度調整/動作音調整/感度調整/パワーセービングモード/簡単ペアリング機能を備えている。

パソコンでの対応OSはWindows 8/7およびMac OS Xで、iPhone/iPod touch/iPad/iPad miniやAndroid 4.0以降を搭載するスマートフォンおよびタブレット端末での使用も可能。本体には容量660mAhのリチウムイオン充電池が内蔵されており、充電時間は約3時間/動作時間は約2時間となっている。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品