0

マイクロン、ダイナミック書込アクセラレーション搭載の Crucial SSD 最上位機種後継機などを発売

2015年1月8日 15時40分 (2015年1月9日 12時38分 更新)

マイクロン、ダイナミック書込アクセラレーション搭載の Crucial SSD 最上位機種後継機などを発売

[拡大写真]

マイクロンジャパンは、「Crucial SSD(ソリッドステートドライブ)」新モデル「Crucial MX200 SSD」「Crucial BX100 SSD」2種を発表した。

【残りの画像を見る】

Crucial MX200 は最上位機種「M550」の後継機。Crucial BX100 は大ヒット製品「MX100」の兄弟機で、HDD と比較して大きく向上した性能を低価格で提供する SSD。1月下旬から順次出荷される。

MX200 には 250GB/500GB/1TB 容量をラインアップ。ファイルタイプにかかわらず、連続読込/書込速度がそれぞれ最大で555MB/s と 500MB/s。耐久性評価は 1TB モデルで 320 TBW(書込バイト総数)と、一般的なクライアント SSD の約5倍の耐久性があるという。

また、MX200 は、コンシューマードライブとしては市場で唯一、ダイナミック書込アクセラレーションを搭載しており、高速でファイルを保存/転送できる。

さらに MX200 には「Acronis True Image」HD データ移行ソフトウェアが付属し、あらゆるファイル、OS、設定、プログラムを、既存の HDD から SSD に移行できる。

BX100 には 120GB/250GB/500GB/1TB 容量をラインアップ。連続読込/書込速度は、ファイルタイプにかかわらず、最大 535MB/s と 450MB/s。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品