0

ユーザーに利便性を、ECサイトに売上をもたらすフィンテック

2016年11月29日 08時13分 (2016年12月6日 08時05分 更新)

アイムインではキカクに参加するメンバーを集め、そこに発生するお金のやり取りを簡便にしている

[その他の写真を見る]

【記事のポイント】
▼ギフトの幹事にお金が集まりやすくなることで、予算の増額が期待できる
▼決済がより手軽になると購買機会は増える
▼決済の裏にあるマーケティング情報をフィンテックが拾い上げる

■フィンテックで実現した、一切現金を介さない割り勘

 前回の記事では株式会社47CLUBによる全国の地方新聞社厳選お取り寄せサイト「47CLUB(よんななクラブ)」と、同社が運営するギフト贈答専門サイト「おくりものソムリエ」の取り組みに見た、ECサイトの新たな可能性について紹介した。その中でも今後のECサイトの利便性を担うものとして、注目していくべき要素となっていたのがフィンテックである。

 インバウンド対策の一つにクレジットカード決済が挙げられることからも分かるように、これまで日本は先進国の中でも電子決済への対応が遅れているとされてきた。しかし、ここ数年ではさまざまなフィンテックサービスの普及もあって、徐々に現金離れが進みつつある。ネット上のボタン操作で、モノやサービスを買うのに抵抗がない、むしろ利便性を感じる若者は間違いなく増えているだろう。

 このような動きの中で、個人間や企業間を問わずにさまざまな形でお金の受け渡しをサポートするフィンテックサービスが生まれている。2016年10月に「おくりものソムリエ」とコラボした、現金を一切用いずに割り勘ができる「アイムイン」もその一つだ。

 アイムインの操作はSNSのイベント機能に近い。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品