0

中国で乱立の「EVメーカー」 200以上の新興企業が市場参入

2016年12月20日 10時00分 (2016年12月22日 10時22分 更新)
中国の自動車業界には多くのプレイヤーがいる。中国で生産する乗用車メーカーは86社あり、トラック、バスメーカーまで入れると、その数は150社以上に膨れ上がる。

今年の中国の自動車生産台数は2,700万台に達する見込みで、世界最大の自動車マーケットにプレイヤーが多いのは理解できる。ただし、国家経済貿易委員会によると、年間生産台数が200万台に満たなかった1999年時点でも、中国には118メーカーが存在していた。

高成長が続く中国では、どの産業でも先進国に比べてプレイヤーが多い。中国人の強烈な企業マインドや、新興企業を育成して税収を増やそうともくろむ地方政府の思惑も絡み、ほとんどの産業が競争過多状態にある。

政府や専門家は自動車業界の再編の必要性を叫び続けているが、掛け声倒れに終わっている。1990年代中盤、中国は自動車業界を8社に集約する計画を発表したが、それも実現しなかった。ただし、このままの状態が続くと考えている人は多くはない。北京汽車グループ会長のシュー・フォーイー(徐和誼)は昨年、「2020年には少なくとも中国自動車メーカーの20%が淘汰されるだろう」と語った。

EV販売台数は前年比82%増の34万台

にもかかわらず、急成長を続けるEVマーケットには、参入する企業が後を絶たない。新エネ自動車(ハイブリッド車を含む)の今年1~10月の販売台数は2015年の4倍近くに増え、今年1~10月の販売台数は前年同期比82%増の33万7000台となった。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品