0

ホワイトハウス、人工知能関連技術の発達に向けた施策を検討したレポートを公開

2016年12月27日 07時00分 (2017年1月2日 11時20分 更新)

ロボットや人工知能AI)関連技術の発達により、将来人間の働き方が変わるのではないか、という議論が昨今たびたび注目を集めている。飲食業界ではすでにロボットが人間の職を奪いつつあるという話もあったが、このような状況の中、ホワイトハウスが技術の進歩による人類や組織への影響を分析したレポート「Artificial Intelligence, Automation, and the Economy」を公開した(TechCrunchZDNet JapanSlashdot)。

レポートによると、AIには多くの利点があり、AIへの投資や研究開発はを推し進めるべきであるとしたうえで、AIが浸透した社会に対応するための教育を子供だけでなく大人にも提供していく必要があるとし、さらに社会構造の転換に対応するための労働者対策も必要だとしている。

レポートではAIによって今後10~20年で米国の仕事のうち9~47%が脅かされるという数字も紹介されている。

スラドのコメントを読む | スラドにコメントを書く | ビジネス | 政府 | アメリカ合衆国

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品