0

高所恐怖症の人は非推奨!? PS VRによる『エースコンバット7』のプレイ動画が公開

2017年1月24日 21時13分 (2017年1月25日 17時10分 更新)


バレルロールを仮想体験できるッ。

2017年1月20日(金)~24日(火)の期間に台湾で開催されたゲームイベント「2017 Taipei Game Show」にて、PlayStation VRを使った『エースコンバット7』のプレイ映像が公開されました。


動画を見る


こちらはUploadVRが取り上げている、Giuseppe's Gamingの映像。

「2017 Taipei Game Show」で行なわれた『エースコンバット』ブランドプロデューサーの河野一聡さんの公演の中で披露されたプレイ映像のようです。公演全体はBANDAI NAMCO Entertainment Asiaにアップロードされています(PS VRでの『エースコンバット7』のプレイは20:44から)。


動画を見る




操縦者視点で母艦からの離陸~UAV(無人機)との戦闘までが映されていますが、こうして画面を見てるだけでも酔ってしまいそうなほど臨場感がありますね…! 雲に突入すると水滴が付着するという表現もすごくリアル。

プレイしている河野一聡さんいわく「高いところが苦手な人はやめておいたほうがいい」とのこと。また、「視点を合わせるだけでロックオンできる兵器がある」とのことで、プレイ感や没入感は一体どれほどのものなのか、ぜひとも試してみたいものです。

『エースコンバット7』は2017年内発売予定。公式サイトも公開されたばかりですし、更なる続報を待つとしましょう。

ジェット戦闘機にスタビライザー付きカメラをつけたら、ド迫力の映像が撮れた

©BANDAI NAMCO Entertainment Inc.

image: YouTube
source: UploadVR, YouTube 1, 2, エースコンバット7

ヤマダユウス型

■ あわせて読みたい・PS VRでプレイする『バイオハザード7』の怖さ&楽しさの秘密を恐怖空間のプロが徹底解剖! 人は予感が恐ろしいのだ。
成長から成熟へ。iPhone10周年のこれまでと、これから
星空のよう。NASAが捉えた最新のブラックホールの姿
記憶する時間は1分だけ。脅威の記憶力をもつ建築画家がVRソフト『Tilt Brush』で自動車を再現
ソーシャルメディアを使うほど、子どもの幸福度は下がる(特に女子)

元の記事を読む

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品