0

非正規修理業者がディスプレイ交換を行ったiPhoneも製品保証の対象になる?

2017年2月28日 13時55分 (2017年3月2日 18時40分 更新)
headless 曰く、

iPhoneの画面割れをサードパーティーの修理業者で修理すると製品保証が無効となるが、ディスプレイ以外の故障であれば製品保証の範囲内でサービスを行うとの内部メモがApple社内に出回ったとMacRumorsが報じている。MacRumorsでは複数の情報提供者からメモが本物であることを確認しているとのこと(MacRumorsSoftpedia)。

非正規のディスプレイへ交換されたiPhoneに製品保証(1年間のメーカー保証またはAppleCare)が適用されるのは、ディスプレイ自体が正常に動作する場合のみ。Appleストアまたは正規の修理業者は、iPhoneに不正な改造などがされていないことを確認したうえで、端末または破損したパーツを保証期間中の料金で交換するように指示されているという。ディスプレイに関連する修理の場合は保証期間外の通常料金による修理を提示し、通常料金の支払いを顧客が拒否した場合には、修理を拒否するよう指示されている。

非正規のパーツが存在することで修理できない/端末が破損した場合や、ディスプレイを正規品に交換したいと顧客が要望した場合にも通常料金が適用される。非正規のディスプレイやバッテリーの修理にAppleCare+は適用されない。なお、正規の修理業者はこれまでと同様、非正規のパーツが原因で正常に動作しないiPhoneの修理を拒否するよう指示されているとのこと。

この方針は米国およびカナダで適用されることが確認済みだが、他の地域でも適用される可能性が高いとMacRumorsはみているようだ。

スラドのコメントを読む |スラドにコメントを書く | ハードウェアセクション | ハードウェア | ハードウェアハック | iPhone

関連ストーリー:
米国で「修理する権利」法制化の動き、複数の州に広がる 2017年02月18日
Apple、iPhone 6sの一部を対象にバッテリー無料交換プログラムを開始 2016年11月23日
iPhone 6/6 Plus の「エラー53」問題、集団訴訟の可能性も 2016年02月12日
スマホの修理、メーカー非公認の店に頼むと電波法違反になる? 2015年07月08日
ゲーム業界、修理マニュアル公開などを義務化する米法案に対し反対姿勢 2017年03月02日

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品