0

EFFが2月のバカバカしい特許に選んだIBMの特許、IBMが権利を放棄

2017年3月5日 17時20分 (2017年3月8日 14時30分 更新)
EFFは毎月最もバカバカしい特許に贈る「Stupid Patent of the Month」の2月分として、IBMが1月17日に取得した特許(US Patent No. 9,547,842)を選び、強く批判した。これを受けてIBMでは特許の権利を放棄したそうだ(Deeplinks Blogの記事The Registerの記事Ars Technicaの記事BBC Newsの記事)。

この特許「Out-of-office electronic mail messaging system」は、指定された不在期間に従って不在応答メッセージを自動で返信する電子メールシステムに関するものだ。IBMは2010年に特許を出願しているが、同様のシステムはそれ以前から長らく使われている。EFFではIBMが1998年に発行したNotesの不在応答機能を解説する文書(PDF)の存在も指摘し、新規性があるとすれば期日の数日前に自動で通知を送る機能ぐらいだとして、このような特許を認めた米特許商標庁(USPTO)の審査を批判している。

IBMはThe Registerに対し、特許は防衛目的で出願したもので、権利を行使するつもりはないと述べており、Ars Technicaに対しては権利を放棄する意思を示していた。その後、USPTOに正式な権利放棄の文書(PDF)を提出したとのことだ。

スラドのコメントを読む |スラドにコメントを書く | YROセクション | 通信 | YRO | パテント | 変なモノ | IBM | EFF

関連ストーリー:
パテントトロールの所有する「悪しき特許」に対抗するクラウドファンディングサービス 2016年09月21日
EFF、社内のソーシャルネットワークを活用して文書のハードコピーを共有するXeroxの特許を酷評 2016年02月07日
Microsoftが2007年に取得したスライダーのデザイン特許、12月のバカバカしい特許に選ばれる 2016年01月06日
ネット接続ドリンクミキサー、「月間最も愚かな特許」に選ばれる 2015年09月29日
EFFの「今月のバカな特許」ブログ記事、名誉毀損として訴えられる 2015年06月10日
米IBMがWeb技術特許を無償開放、契約不要に 2007年07月12日
日亜化学が青色LEDの404特許を放棄へ 2006年02月12日

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品