3

「Windows 10」の「Timeline」は今秋アップデートに間に合わず

2017年7月4日 07時08分 (2017年7月5日 07時20分 更新)
 「TimelineはFall Creators Update(FCU)には入らない。FCUが出た後の早期インサイダービルドに入れる計画だ」──。米MicrosoftのOSグループ担当副社長、ジョー・ベルフィオーレ氏は7月3日(現地時間)、自身のTwitterでこうツイートした。

 これは、米The Vergeの編集者、トム・ウォーレン氏の「Windows 10のTimeline機能は、Fall Creators Updateには間に合いそうにない」というツイートに返信したものだ。

 Timelineは、ベルフィオーレ氏が5月の「Build 2017」で発表した、Microsoftのクラウドを介してWindows、iOS、Androidを横断したアクティビティ履歴をさかのぼれる機能。「Microsoft Graph」の一部だ。

 「遅れについて何かコメントは?」というウォーレン氏の質問にベルフィオーレ氏は「これは遅れではない」と答え、別の返信で「私の見解では、一連の機能はFCUから提供を開始すると説明したつもりだ。そのときまだ(時期は)確実ではないとも言ったと思う」とツイートした。

 確かにMicrosoftの「Windows 10 に間もなく追加される機能」ページでTimelineは「Windows 10 Fall Creators Updateで導入されるこれらの革新的な機能」の1つとして紹介されてはいるが、注意書きとして「製品は開発中です。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメント 3

  • 匿名さん 通報

    余計な機能を満載して重い上にバグ量産。 いいかげんに軽いOS出せばいいのに。

    2
  • 匿名さん 通報

    10のGUIにはいまだに違和感を感じる。7のスタートオーブのはみ出しみたいに、一見無駄に見えても美しさにこだわっていた頃の感性が失われたような気がする。

    0
  • 匿名さん 通報

    >いいかげんに軽いOS出せばいいのに。 Linuxという選択肢がすでにあるでは無いですか!

    0
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品