0

手話を文字に変換してくれるグローブ

2017年8月13日 19時00分 (2017年8月14日 18時18分 更新)

Image: JacobsSchoolNews/YouTube


去年、ワシントン大学の学生が手話を通訳するグローブ「AignAloud(サインアラウド)」を開発して話題になりましたが、今度はカリフォルニア大学サンディエゴ校のエンジニアが手話を文字に変換する「The Language of Glove」を開発したそうです。

文字にするくらいなら初めからタイピングするほうが早いのでは、と思いますが、実はこのグローブは手話の文字変換を目的に開発されたのではなく、とある技術の開発途中段階なんです。

では、まずはどのように文字に変換するのか動画で見てみましょう。


動画を見る
Video: JacobsSchoolNews/YouTube


手話をアルファベットに変換してくれるグローブ「The Language of Glove」を開発したのは、カリフォルニア大学サンディエゴ校のエンジニアであるティモシー・オコナー氏と彼が率いるチームの皆さん。開発には身近な既製品を利用したため、制作費はおよそ100ドルなのだそうです。

グローブに搭載された伸縮性のある9つのナックルが手の動きを感知して電気抵抗を変化させ、異なるアルファベットをコーディングする仕組みになっており、ナックルがまっすぐもしくはリラックスしているかの状態で「0」、折れ曲がっていれば「1」とエンコードされます。

この仕組みを使い、グローブは手話の9桁のバイナリキーに変換して文字にします。またグローブには、ジェスチャーは違えど同じ9桁をエンコードする「I」と「J」といった文字を区別させるために、加速度計と圧力センサを装備しているとのこと。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品