0

SilverStone、80PLUS TITANIUM認証取得の大容量電源ユニット

2017年8月18日 21時40分 (2017年8月19日 18時30分 更新)
マスタードシードは8月18日、80PLUS TITANIUM認証を取得したSilverStone Technology製電源ユニット「Strider Titanium」シリーズを発売した。1100W/1300W/1500Wの3モデルをそろえる。店頭予想価格は1500Wモデルが税別56,480円、1300Wが税別48,150円、1100Wモデルが41,650円。

日本製コンデンサを採用し、50度環境下での24時間/7日無休の連続出力を実現する高い耐久性を備えるという。デュアルEPS 8ピンとマルチプルPCI-E 8/6ピンコネクタを搭載することで、ゲームやデータ整理、マイニング、機械学習などマルチGPU間強の構築に好適としている。

1500Wモデル「SST-ST1500-TI」の主な仕様は、各DC出力として+3.3Vが25A、+5Vが22A、+12Vが125A、-12Vが0.3A、+5Vsbが3A。コネクタ数は、メイン20+4ピン電源コネクタ×1、4+4ピン電源コネクタ×2、6+2ピンPCI-E電源コネクタ×8、SATA電源コネクタ×16、ペリフェラルコネクタ×6、FDDコネクタ×1。本体サイズはW150×D180×H86mm。

1300Wモデル「SST-ST1300-TI」の主な仕様は、各DC出力として+3.3Vが25A、+5Vが22A、+12Vが108A、-12Vが0.3A、+5Vsbが3A。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品