0

「iPhone 8/8 Plus」発表、主力モデルはガラスデザイン、A11、Qi対応で進化

2017年9月13日 12時22分 (2017年9月13日 15時50分 更新)
Appleは9月12日 (現地時間)、Apple Park (米カリフォルニア州クパチーノ)でスペシャルイベントを開催し、iPhoneの新モデル「iPhone 8」と「iPhone 8 Plus」を発表した。同イベントではiPhoneの新たな最上位モデルになる「iPhone X」も発表したが、iPhone Xスマートフォンのこれからの進化を見据えたiPhoneであるのに対して、iPhone 8シリーズは現在の主力モデルを順当に強化したiPhone 7シリーズの後継モデルになる。日本のApple Store価格(税別)は、iPhone 8の64GBモデルが78,800円、256GBモデルが95,800円。iPhone 8 Plusの64GBモデルが89,800円、256GBモデルが106,800円。9月15日に予約注文の受け付けを開始し、9月22日に発売する。

iPhone 7シリーズの丸みのあるデザインを踏襲しているが、耐久性に優れたガラスを背面パネルに採用しており、色を合わせたアルミ製のフレームとの組み合わせが独特の一体感を生み出している。カラーは、スペースグレイ、シルバー、ゴールドの3色。IP67等級の防沫/耐水/防塵性能を備える。

iPhone 8 Plusは5.5インチのRetina HDディスプレイ (1,920×1,080ピクセル、401ppi)を搭載し、本体サイズは158.4×78.1×7.5ミリ、重さが202グラム。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品