0

表も裏もガラス張り!「iPhone 8/8 Plus」は7万8,800円から、9月15日予約開始

2017年9月13日 12時35分 (2017年9月17日 10時47分 更新)

iPhone 8のイメージ

[拡大写真]

Apple(アップル)は新型「iPhone」を発表した。「iPhone X」「iPhone 8」「iPhone 8 Plus」の3種類。iPhone 8とiPhone 8 Plusは9月15日から予約を受け付け、9月22日から店頭販売を始める。

iPhone 8、iPhone 8 Plusは、従来モデルとの大きな違いとして背面、前面とも高耐久性のガラスで表面をおおったデザインを採用している。

本体カラーはスペースグレイ、シルバー、ゴールド。それぞれ7層のカラープロセスを経て正確な色調と不透明度を表現している。またフレームは航空宇宙産業で使っているものと同じ性能のアルミニウム製。耐水・防塵性能も備えている。

新型Retina HD液晶ディスプレイを採用し、iPhone 8は4.7型1,334×750ドット、iPhone 8 Plusは5.5型1,920×1,080ドット。それぞれ仕様上は同時発表のiPhone Xに比べると見劣りし、最近の高級Androidスマートフォンに比べても落ちる印象だが、True Toneを実現しており、ディスプレイのホワイトバランスを周囲の光に合わせ、より自然でまるで紙を見ているような感覚で画面を見られる。

CPUは新型の6コア「A11 Bionic」。3コアのGPUを組み込んでいる。拡張現実(AR)ゲームや3Dゲームをより快適に遊べる。ストレージ容量は64GBと256GBが選べる。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品