0

「iPhone 8が使いたい」ワイモバユーザーに4万円還元、ソフトバンクが移行プログラム訴求

2017年9月14日 12時40分 (2017年9月15日 15時26分 更新)
ソフトバンクは9月13日、ワイモバイルからソフトバンクへの移行で最大3万9500円を還元する「番号移行プログラム」について、iPhone 8 / Xにも適用されると強くアピールしました。

同プログラムは、ワイモバイルの対象機種からソフトバンクへ番号移行(MNP)で、最大3万9500円を還元するというもの。3万9500円の内訳は、ワイモバイルの契約解除料・番号移行手数料・新規事務手数料の免除に加え、通信料からの割引(24か月で2万4000円)の合計額です。

背景には、ワイモバイルが最新iPhoneを取り扱っていない事情があります。ワイモバイルはソフトバンクのサブブランドに位置づけられており、格安な料金プランに設定。一方で、最新iPhoneや高性能なAndroidスマホはラインナップしておらず、ワイモバイル契約のまま利用するには、通信料の割引がないSIMフリー版を購入する必要があるわけです。

ソフトバンク榛葉淳氏(代表取締役副社長兼COO)は「ワイモバイルのユーザーでも、いつかは最新のiPhoneや高機能のスマホにアップグレードしたいというリクエストがあります」とコメント。番号移行プログラムがそうしたユーザーのソフトバンクへの移行を後押しすると語りました。

なおソフトバンクは、iPhone 8やiPhone Xを実質半額に割り引く「半額サポート for iPhone」を9月22日に提供開始予定。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品