0

「自分の声が嫌いでした」 声優・竹達彩奈、「Rの法則」出演を振り返り“声”への思いを明かす

2017年9月14日 15時56分 (2017年9月15日 16時15分 更新)

竹達彩奈さんのブログ

[拡大写真]

 声優の竹達彩奈さんが9月14日、NHK Eテレ「Rの法則」の出演を振り返ったブログを更新しました。「あやちかわいいい!」の声が止まない充実の放送となりましたが、竹達さんの心の中には秘めたる思いがあったようです。

 同番組では「あなたの“勝負声”つくります!」をテーマに、若者の声に対する悩みを解決する特別講師として竹達さんが登場。告白に使える“勝負声”のお手本を見せると、スタジオからは「カワイイ」「お願いします」の声が飛び交うなど、ファンもニッコリな内容となりました。また、滑舌や技術ではなく声に自分の気持ちを込めることが何よりも重要だと力説した竹達さん。ブログでは、放送では伝えられなかった「声」への熱い思いをつづっています。

 竹達さんは「自分の声が嫌いという悩みをもつ方々に少しでも好きになってもらえたら」と番組への出演意図を明かすと、学生時代は自分の声にコンプレックスがあったという意外な悩みを告白。声優として多くのキャラクターを演じることで心境が変化し、自分の声を好きになることの素晴らしさを実感したそうで、「ひとりひとり違う声を持っている。それはとても素敵なことだと思います」「今は好きになれなくても、すこしでも気持ちが楽になれますように」と同じ悩みを抱えている人たちへ向けて温かいメッセージを送りました。

 番組テーマの“勝負声”については、「伝えたいと思う気持ちから生まれる声が、いちばんの『勝負声』だと私は思います」とグッとくる名言まで残した竹達さん。その思いはしっかりと伝わっているようで、ブログには「自分の声を好きになれるよう頑張りたいと思います」「自分の声を大切にしていこうと思いました」「ブログを読んで希望が持てました! あやちありがとう」など感謝のコメントが多く届きました。
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品