0

HyperXがTGS2017に初出展 - ゲーミングデバイス新製品などを展示デモ

2017年9月24日 13時02分 (2017年9月25日 07時30分 更新)
Kingston Technologyのゲーミングブランド「HyperX」は、東京ゲームショウに初出展し、発表されたばかりのゲーミングキーボード新モデルを始めとした製品を展示、デモしていた。

KinsgtonはPC用メモリやフラッシュメモリで古くから知られ、現在では独立系としては世界最大のメモリベンダーとなる。2002年にスタートしたHyperXブランドも、自作PCユーザーにはOCメモリなどで知られるが、近年はゲーミングデバイスに注力、今回の展示もそれを反映した形だ。

HyperXは幕張メッセ国際展示場のホール10-W30に出展。eSportsステージにスポンサードしており、ブースの中央では23日にウメハラ選手、ときど選手、チョコブランカ選手を迎えてストリートファイターVチャレンジを、24日にはプロゲーマーチーム DETONATORを迎えてオーバーウォッチチャレンジを開催する。ほか、VR体験コーナーやHyperX、Kingston製品の物販コーナーなどを併設、スタンプラリーなどでもらえる景品も用意している。

○HyperXの主力デバイス - ゲーミングヘッドセット「Cloud」シリーズ

新製品は、ステージ周辺と物販コーナーにおいて体験可能な状態で展示されている。新製品としては、9月1日に発表されたゲーミングヘッドセット「HyperX Cloud Alpha」、ゲーミングフルキーボード「HyperX Alloy Elite」、そして9月21日に発表されたゲーミング コンパクトキーボード「HyperX Alloy FPS Pro」の3製品。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品