0

インテル、一体型VRヘッドセットの計画を中止

2017年9月25日 11時15分 (2017年9月25日 18時50分 更新)

インテルは2016年に発表し、2017年の第4四半期に発売するとしていた一体型VRヘッドセット「Project Alloy」の開発計画を中止することを明らかにしました。

パートナーの関心がなくなったことが理由か

Project Alloyは、インテルが2016年夏に発表した一体型VRヘッドセットです。PCやスマートフォンを使わず、現実の壁などを認識した世界でできるVR体験の実現を目指していました。リファレンスモデルをインテルが提示し、パートナーとなるメーカーが製造・販売するとしていました。

インテルによると、中止は2017年の夏に決定されたとのこと。パートナーの関心がなくなったことが理由であると述べられています。

関心が欠如した理由については述べられていませんが、米メディアRoad to VRは、コンシューマーヘッドセットの高いコスト、バッテリーの持ち時間の改善、人間工学を考慮した更なるハードウェアの進化などが課題だったのではないかと推測しています。


またそれ以外の要因として、多数のパートナーが2017年末に発売されるマイクロソフトのWindows MRヘッドセットに関心をしめしており、同じタイミングでのリリースになったからではないかともされています。

新たなVRヘッドセットを開発か

インテルは次の声明を公開しています。

「インテルは「Project Alloy」のリファレンスデザインを廃止する決定を下しました。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品