0

劇場アニメ「傷物語」全三部作が初の一挙放送 AbemaTVで10月21日19時から

2017年10月5日 15時22分 (2017年10月11日 04時39分 更新)

(C)西尾維新/講談社・アニプレックス・シャフト

[拡大写真]

劇場アニメ「傷物語」全三部作が、10月21日19時から22時51分までAbemaTVで一挙放送されることが決まった。


劇場アニメ「傷物語」は、西尾維新による同名の原作小説を、「I鉄血篇」、「II熱血篇」、「III冷血篇」の全三部作として映像化したもの。2016年1月から2017年1月にかけて劇場公開された。全三部作の一挙放送は日本初となる。


2009年から放送されたTVアニメ「化物語」シリーズの前日譚にあたる「傷物語」は、主人公の阿良々木暦が吸血鬼となった顛末が語られる物語。阿良々木暦は、伝説の吸血鬼であり“怪異の王”キスショット・アセロラオリオン・ハートアンダーブレードと出会い、その切断された四肢を取り戻すために戦う。総監督と制作は、「物語シリーズ」、「魔法少女まどか☆マギカ」を手掛けた新房昭之とシャフトが務めている。


<ストーリー>
ドラマツルギー、エピソード、そしてギロチンカッター— 怪異の専門家・忍野メメの助力も得て、3人の強敵との戦いに勝ち抜いた阿良々木暦。彼はついに、吸血鬼キスショット・アセロラオリオン・ハートアンダーブレードの 四肢を奪い返すことに成功する。 すべては、普通の人間に戻るため……。しかし再びキスショットのもとを訪れた暦は、吸血鬼という存在、 その恐るべき本質を知ることになるのだった。 決して取り返しのつかない自分の行為を悔やみ、そしてその顛末に困惑する暦。 後悔にさいなまれる彼の前に現れたのはほかでもない、暦の「友人」羽川翼だった。そして彼女が暦に告げた、ある提案とは……。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品